旦那の浮気で慰謝料を取る方法は?

旦那の浮気で苦しんでいるという人の中に、何とかして慰謝料をもらいたいし離婚も考えているという人は、たくさんいるのではないでしょうか。浮気は相手の有責なので、慰謝料をもらうことは可能です。ではどう進めたら上手に慰謝料をもらうことができるのでしょうか。それは慰謝料弁護士に依頼することです。詳しくみていきましょう。

確実な証拠を突きつけるために

旦那が浮気をしているという確証がある人は、浮気調査を得意とする探偵に依頼して、動かぬ証拠を押さえるということが慰謝料獲得への近道です。探偵はお金がかかるというイメージがありますが、それは時と場合によります。決まった曜日に夜遅く帰ってくるなどの浮気パターンがあるような場合は、探偵に依頼する前に相手の行動パターンの情報をなるべくたくさん集めましょう。こうすることで依頼時には、プロの探偵ならば旦那の行動パターンをかなりの線まで絞り込むことができます。従ってピンポイントで調査を進めることが可能になり、短い期間で浮気の決定的現場を抑えることができるという訳です。つまり妻自身の情報収集能力がそのまま調査費用節減につながるというわけですね。

慰謝料は浮気相手にも請求できます

もちろん浮気というのは旦那だけでできるものではないので、相手がいるということは当然ですが、妻としては旦那の浮気相手は許せないものですよね。その怒りは正当なので、浮気相手にも精神的苦痛に対する慰謝料を請求できるということを覚えておきましょう。離婚をすぐには考えていないという場合、浮気相手への慰謝料請求は特に重要です。慰謝料を請求することで、相手は自分の過ちを自覚し旦那と別れ、その後旦那が改心するかもしれませんし、離婚しない場合、旦那から慰謝料をもらったとしても、家庭内でお金が動くだけという結果になってしまうからです。でも、絶対に離婚したいという場合は、旦那と浮気相手の両方に慰謝料を請求しないと損をしてしまうことがあります。どちらからも取れるように慰謝料弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。

離婚の決意が固いなら慰謝料請求は両方にするのがカギ

両方に慰謝料を請求すべき理由とは浮気相手だけに請求した場合、裁判によっては旦那の責任部分が追及され、慰謝料が請求金額よりも大幅に減額されてしまうことがあるからです。でも、旦那にも同じように慰謝料請求をしておけば、たとえ両方の請求額が裁判で減額されたとしても、二人分合わせれば浮気相手だけに請求した金額よりも多くもらえるとことがあるからです。配偶者の浮気というのはかなり傷つく心の痛手ですよね。怒りに任せて「何もいらないから早く別れたい。」という気持ちになるかもしれませんが、離婚後の生活を考えてまずは冷静になってください。慰謝料をもらうことができるならばなるべくもらっておくことをおすすめします。どんな状況になってもお金は邪魔になるものではありません。